弔電を送るときには色々と注意が必要

弔電は祝電以上に送るときに緊張するものです。迂闊なことは書くことができませんし、自分にとっては常識だと思っていたことが弔電のマナーに反しているということもあります。弔電の書き方、言葉の選び方、送り方などの注意点を理解して正しい送り方をしてみてください。

弔電の中に続柄を入れる場合、日常的に使っている言葉は使えません。敬称を使わないといけませんが、この敬称は日常生活の中では使われることがないため、敬称について知っているという人は少ないと思います。故人が父に当たる場合はご尊父様となります。母が故人となっているならご母堂様となります。敬称についてはインターネットで一度調べてみたほうがいいでしょう。

敬称だけでなく忌み言葉もあるため弔電のメッセージは慎重に言葉を選んで書かないといけません。もしも面倒だと感じた時には電報サービス業者の用意している例文をそのまま使って送ったほうがいいかもしれません。

葬儀が式場で行われるなら間違っても自宅に送ることの無いように注意しましょう。弔電は葬儀が始まる前に葬儀会場に送る必要があります。喪主あてに葬儀の開始する前までに届けてもらえるように電報を利用するときには届く日付を確認しておいてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>